本文へスキップします。

優成監査法人

海外ネットワーク

インドネシア ― 三好博文[前編]

インドネシア

 インドネシアにおける日系企業に対して会計・税務・監査サービスを提供すべく、ジャカルタにジャパンデスクを2012年8月に立ち上げ、駐在を開始しました。入所当初よりいずれは海外でも活躍できる会計士になりたいと考えており、7年が経過した2011年に自らシンガポールでの半年間の語学留学を決心しました。留学中にインドネシア駐在の話を会社から頂いた際には、成長国として注目を受けているインドネシアの魅力に魅かれ二つ返事でした。

インドネシア経済

インドネシア経済

 インドネシアはBRICsに次ぐ成長国として「人口・消費」と「豊富な資源」を理由に近年注目されています。中国、インド、米国に次いで世界第4位と約2億3,000万人の人口を擁するだけでなく、インドネシアは労働人口となる若年層が多く、消費意欲の高い内需中心とした経済成長が見込まれています。そして日本の約5倍のインドネシア国土は、石油やガスといったエネルギー資源や天然ゴム等の天然資源に恵まれています。更に、インドネシア経済は輸出に対する依存度がGDPの約3割と低いだけでなく、輸出の3割が景気の変動を受けにくい資源であることから、経済危機による影響が限定的でもあると考えられています。
 過去に1997年のアジア通貨にて大打撃を受けたインドネシア経済ですが、その後高成長を続け2001年に3.6%であった成長率は、2005年以降5%~6%を達成し、2010年、2011年並びに2012年にはそれぞれ6.2%、6.5%、6.2%という堅調な経済成長を達成しており、その成長に注目が集まっているわけです。なお、日本とインドネシアの関係は密接なもので、外国投資法が規定された1967年以降、日本は対インドネシア直接投資では全投資の20%内外を占めているだけではなく、2011年には日本はインドネシアの輸出相手国として第1位、輸入相手国としては中国、シンガポールに次ぎ第3位でした
続きはこちら

優成監査法人は、クロウ・ホーワス・インターナショナル(スイスの法令に基づく組織)のネットワーク組織に属する日本におけるメンバーファームです。クロウ・ホーワス・インターナショナルに属する各メンバーファームは、それぞれ独立した別法人として業務を行っています。優成監査法人及び当法人の関連会社は、クロウ・ホーワス・インターナショナル及びそれに属する他のメンバーファーム のいかなる行為や不作為又は損害賠償に関して一切の責任を負いません。