本文へスキップします。

優成監査法人

採用情報

メンバー座談会

メンバー座談会のメインイメージ

なぜ優成監査法人なのか

  • (左から)
  • 山口 剛史
    公認会計士
  • 本城 一樹
    公認会計士
  • 萩原 祐基
    公認会計士試験合格者
  • 能美 小枝子
    公認会計士
――今日はJ2からCPAの皆さんに優成監査法人の特徴やエピソードについての話をお聞きします。まず、皆さんが優成監査法人を選んだ決め手や理由について教えてください。
本城就職活動を通じて感じたことですが、大手監査法人の場合、業種(製造業、金融業等)ごとに部門が編成されていることが多く特定の業種に特化するという特徴があり、反対に中堅監査法人の場合には幅広い業種を担当することが多いという印象を受けました。私自身、多様な業種の監査業務に携わりたいという思いが強かったため、大手ではなく中堅を選択しました。 その上で、最も成長スピードが速そうな法人はどこかという観点から就職活動をした結果、当時の代表や、実際に優成で働くリクルーターの皆さんとの会話を通じて、やる気がある人には早い段階で多様なチャンスを与えてくれるのではと感じたため、優成を選びました。
山口私は成長できる環境に加え、メンバーの人間性に魅力を感じました。法人説明会でのパートナーやマネージャーの話には、他の大手監査法人にはない魅力があり、優成に興味を持ちました。また、リクルーターの皆さんの話をお聞きして、優成で働く一人ひとりが法人の成長を強く志向している点が、自分の成長にもつながるのではないかと考えました。また、選考の過程でお会いしたメンバーの皆さんと話がはずみ、このメンバーとなら充実した環境で働くことができるのではないかと感じました。
能美そうですね。一緒に働くメンバー達の魅力は大きいと思います。私はたまたま専門学校の情報誌で優成を知り、興味を持ち就職説明会へ行きました。そこでパートナーやリクルーターの情熱的な話に感銘を受け、面接でも私の話をじっくりと聞いてもらった上で内定を頂けたので、ここで働こう!と決めました。
萩原パートナーやマネージャーの人柄です。以前、試験後から合格発表までの期間に優成で研修生として働いていました。ようやく合格し、そのご縁から面接を受けた際、わずかな期間だったにもかかわらず研修生として就労していた自分のことを覚えていてくれ、多くのパートナーやマネージャーが温かく合格の労いの言葉をかけてくれました。とても嬉しかったです。そんな上司のいる環境の下で働きたい、役に立ちたいという一心で、優成一択、仲間入りしました。

この続きはマイページからご覧いただけます

優成監査法人は、クロウ・ホーワス・インターナショナル(スイスの法令に基づく組織)のネットワーク組織に属する日本におけるメンバーファームです。クロウ・ホーワス・インターナショナルに属する各メンバーファームは、それぞれ独立した別法人として業務を行っています。優成監査法人及び当法人の関連会社は、クロウ・ホーワス・インターナショナル及びそれに属する他のメンバーファーム のいかなる行為や不作為又は損害賠償に関して一切の責任を負いません。